Friday, March 03, 2006

新聞の上へ出して行った木炭

 細い肱を蟹のように張って、ナースチャは火のしをかけた。二人寝台用の大敷布はたたむにも、伸すにもナースチャ一人の手にあまった。アンナ・リヴォーヴナが新聞の上へ出して行った木炭は少しだから、火の気の強いうちに、急いでかけてしまわねばならぬ。力がいるのと木炭のガスとでナースチャの顔はほてり、頭痛がした。しかしナースチャは、肱を蟹のように曲げ一生懸命火のしをかける。 ジジーン! 呼鈴がクワルチーラじゅうに響いた。火のしを平ったい金びしゃくにのせ、ナースチャは入口へ行った。「どなた?」 いきなり開けるなと、ナースチャはきびしく云いつけられているのであった。「開けて下さい。部屋を見に来たんですから」 それは全然聞きおぼえのない男の声であった。ナースチャは、戸に手をかけたなり怒った声で、「誰です、そこにいるの?」と云った。部屋を見る人間がいるなんて、ナースチャは聞かされていなかった。「心配なさるな、アンナ・リヴォーヴナのクワルチーラでしょう?」「ええ」「部屋を拝見に来たんです。開けてくれればいいんです」 午後二時半で、家はナースチャひとりであった。そればかりか建物全体が一日じゅうで一番しんとして人気のない時刻だ。ナースチャはだんだん気味悪くなり、戸の外の気配をきき澄した。 外の男は足をふみかえたり、もそもそしていたが、こんどは拳でトントン戸をたたいた。ナースチャは、内から前垂の端をつかんで叫んだ。「行って下さい。知らない人に戸を開けることなんて出来ないんだから。アンナ・リヴォーヴナはお留守ですよ」「強情ぱり」 そう云う声がし、つづいてコンクリートの階段を降りる足音がした。――悪魔奴(チヨルト)、どいつを連れていったんだ!――ナースチャは台所へ戻り、火のしに木炭を足し、サモワール用の小煙筒をしかけた。ナースチャは、満足を感じながら、ふつふつと小さいおきの落ちたのを一枚の仕上った敷布の上から吹きはらった。アンナ・リヴォーヴナは、ナースチャが洗濯上手だと云って、ひどくほめた。ナースチャもほめられれば嬉しかった。ナースチャが来たては中国人の洗濯屋に出していたこの大敷布までいつか彼女が洗うようなことになった。洗濯屋に負けず綺麗だと云われるために、若いナースチャは過分に労力を費すのであった。 十五分もたったころ、アンナ・リヴォーヴナの声が入口でした。「さあさあ、どうぞこちらへ」 ナースチャは台所の戸からのぞいた。アンナ・リヴォーヴナのうしろから、バンドつきの外套を着て書類入(ポルトフェリ)を抱えた山羊髯の小男が、すべるような足どりで入って来た。男はナースチャを見つけると、ちょっと鳥打帽子のひさしに指をかけ、いやに丁寧に、「こんにちは」と云った。さっきの男だろうか。ナースチャがまごついていると、その山羊髯の男は唇だけで薄く笑いながら、「アンナ・リヴォーヴナ、あの娘さんがさっきわたしを入れませんでしたよ」と云った。「まあ、どうしたのさお前、御挨拶をおし。田舎のお嬢さんですが、それはよく働きますの」 アンナ・リヴォーヴナは愛嬌よくナースチャに近よって肩をたたいた。「お互に仲よし、ね。親子のようにやっています」 ナースチャは、つっ立ったまま二人が食堂に入るのを見送り、肩をしゃくり、台所へ戻った。男の水のように冷たくて、ねばっこい瞳がナースチャを不快にした。男は唇で笑ってアンナ・リヴォーヴナに話しながら、眼でじっと睨んだのであった。 男は本当に部屋を借りるらしかった。パーヴェル・パヴロヴィッチが書斎のようにしていた小室へ、先週大工が来て棚を作った。その室をアンナ・リヴォーヴナは男に見せた。壁をとおしてナースチャのところへ話が聞えた。「ちょっと失礼、この寝台はこっちの壁へつけた方が勝手なように思われますな」「それはどうぞ御勝手に、わたしどもあなたが居心地よくていらっしゃればなによりなんですから」 床の上をすべるような気ぜわしい靴の音。「ごめん下さい、こっちは台所ですか」「ええ、ですけれど」 アンナ・リヴォーヴナがいそいで答えた。「決しておじゃまはさせません。朝はどうせあなたと御一緒時分ですし、わたしども夜だって早いんですから」「それは結構(ラードノ)。……もう一分間どうぞおじゃまさせて下さい。あなたんところに大きな絨毯はありませんか」 男を送り出すとアンナ・リヴォーヴナは頭をふりふり食堂へ戻った。夜、リザ・セミョンノヴナのところへ茶を運んだ時、ナースチャは、「聞いて下さい。リザ・セミョンノヴナ」 例の、もう散らかりかけている小机の隅へ膝をついた。「今日、なんて男が室を借りに来たか! なにか云うたんびに一々ちょっと失礼だの、ごめんなさいだのくっつけるんですよ、そのくせ、机が二寸長すぎてもいけないんだって!」 肌の綺麗な顔を少し反らせ、湿っぽくて臭そうなナースチャの綿繻子の前垂を眺めながら、リザ・セミョンノヴナはきいた。「もうきまったの」 ナースチャは田舎女らしく目まぜをしてささやいた。「アンナ・リヴォーヴナはちっともその男を好いちゃいないんです。ちゃんとわかってる。――でもお金があるんですよ、半年分払うんですって」「ふうん」「あの山羊髯!」 リザ・セミョンノヴナは無頓着に云った。「いいさ、そんな男の細君になる女だってあるんだから」 出がけにナースチャが戸を開けると、廊下で鋸の音がした。「なにがはじまったの」「ごらんなさい、パーヴェル・パヴロヴィッチが机を二寸ちぢめているんですよ」 男は越して来た。台所に引っこんでいたナースチャが風呂場へ行って見たら、風呂場の壁へ特別彼用のニッケル製手拭掛と、歯磨ブラシ、コップなどのせるやはりニッケルの道具が取りつけられていた。男は自分用の茶碗を持って台所へ行こうとして小熊の剥製や帽子掛のある廊下でリザ・セミョンノヴナに出喰わした。猫背ですべるように歩いていた彼は、素早く歩を横に移して壁ぎわにより、ぴったり脚をそろえて立った。「こんにちは」「こんにちは」 行きすぎようとするリザ・セミョンノヴナを遮って、「一分間(ミヌートノ)おじゃまさせていただきます。あなたもここにお住いですか」「ええ」「それは結構(ラードノ)。どうぞあなたの美しいお手を――わたしはオルロフ、経済をやっています」 リザ・セミョンノヴナは手の甲を接吻させ、自分の名は云わず室に入って勢よく戸を閉めた。 オルロフはこれまでアンナ・リヴォーヴナの食堂にあった家で一番いいスタンドも借りて自分の部屋へ据えた。彼は二つの葡萄酒コップを持っていた。葡萄酒コップは茶がかった緑色で台にグリグリ飾のついた玻璃(はり)であった。朝ナースチャが、彼の茶碗に茶を入れて運んで行くと、「バルザック」とレッテルの貼ってある白葡萄酒の瓶の横にそのコップがあって、オルロフ自身は山羊髯をなで、布張の椅子にいる。彼は目を離さずナースチャの顔を見て云った。「ナースチャ、コップを洗ってくれるね」「よろしい(ハラショー)」「もしお前がこわしたら、くびり殺すからそのつもりでいなさい」「…………」「わかったか」「わかりました」 ナースチャは、ぷりぷりしてコップを盆にのせるのであったが、心のうちでは恐怖を感じた。それを洗って元に戻すまで、オルロフの水のように冷たいねばっこい眼付がつけて来るような気がした。 リザ・セミョンノヴナとオルロフはすべてに正反対であった。例えばリザ・セミョンノヴナは室掃除のことでいつか小言を云ったことがあるだろうか。南京虫がくった朝だけ、リザ・セミョンノヴナは、「ごらん、ナースチャ」 柔らかな肢(あし)でも手でも、赤くふくれたところをナースチャにつきつけて云うのであった。「恥しくないかい(ニエ・ストィドノ)」 アンナ・リヴォーヴナが寝室の戸棚へしまっておくミヤソニツカヤ通のおそろしい臭いの南京虫退治薬をまけと云うだけのことなのであった。 オルロフのいるうちに、なるたけ彼の部屋は掃除しなければならない。オルロフは室を去らず、ナースチャが机の上をいじっている時に、椅子の上から、椅子の下をはくときは衣裳棚の前に立って監視した。「どうぞ御親切に、ナースチャ、その暦はインキ壺の右の肩のところへおいて下さい」 または、「あれが見えないかね、可愛いナースチャ」 猫背のオルロフが水のような眼で見ているところは寝台の下で、鞄の端に一条の糸屑が引っかかっているのであった。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home